ブラックリス卜への記載と間違った情報への対処法

業者への対抗法・ブラックリス卜への記載と間違った情報への対処法

自己破産などの事故情報はすぐにわかってしまう。

 

自己破産とブラックリス卜

自己破産によって破産宣告をうけて免責をえたような場合には、事故情報としてブラックリストこ載ることになります。
ブラックリストに載ると、だいたい5~7年間はサラ金・クレジ ット・銀行などより借入れをすることはできなくなります。

このようなブラックリストは、ローンやクレジットの力ード会社が債権を回収できるかどうかを確認するために作成されているものです。
債権回収ができるかどうかは、債務者の個人的・経済的信用力にかかってくるわけで、力ード会社にとっては債務者の支払能力を判断する情報が不可欠になります。

そこで通常、力ードを申し込む際には力ード申込書に性別、生年月日、 居住年数、資産、家族関係、職業、勤務先等の個人情報・信用情報を記載させられます。

しかし、これだけでは過去・現在のローンの支払いなどに関する情報は十分ではありません。
そこで、自社だけではなく、他社の保有するデータをも互いに利用できるようにするために、次頁にあげるような四つの信用情報機関があります。

信用情報が保有する情報には、ホワィト情報(取引情報)とブラック情報へ事故情報)があります。

現在では未払い、延滞、破産などの事故情報だけの情報交流が行われています。

 

 

情報の訂正や削除をするには

なお、登録されている信用情報について債務者本人にょる開示請求ができるのは当然です。

 

もし悄報が事実と異なっている場合、信用情報機関に対して情報の訂正や削除を申し立てること力てきます。

開示の方法は、書面によって本人に直接予渡すことを原則としていますが、郵送にすること もできます。

なお、本人であることの確認のため印鑑証明書を必要とする情報機関もあります。

信用情報機関は、訂正や削除の申立があったときには、直ちに当該情報を提供した提供先に照 会するなどして調査して

その結果を一定期問内に本人に通知しなければなりません。

自己破産などの事故情報はすぐにわかってしまう。

 

 


もう、あなたは一人じゃありません!! 助けを求めてください!! ↓↓債務整理を判り易く説明↓↓ 借金問題を解決した90%以上の人は弁護士に依頼している事実! 全て自分ひとりで行うには、大変な労力が必要です。専門家に任せればほとんどのことは確実に解決します。今までもたくさん悩んで来たのですから専門家に任せて少し楽になるのもいいのでは?
私も、ここから始めました。 あなたにも出来るハズです。 まずは一歩踏み出してください。
借金の問題は早めの行動が解決のコツです。無料相談をしてくれる法律事務所もありますのでまずは相談してみることを強くおすすめします。

↓↓24時間無休で電話相談が出来ます↓↓ 家族や会社にばれることもありませんので安心して電話してみてください。きっと解決の糸口が見つかるハズです。
樋口総合法律事務所
0120-316-034
image001
弁護士 樋口卓也
  • 月間500件以上の相談実績
  • 365日24時間 無料相談
  • 初期費用 無料
  • 全国対応
  • 案件数実力大
ベルマン会計法務事務所
0120-840-043
image002
司法書士 飯田一
  • 365日24時間 無料相談
  • 全国対応
  • 女性も安心、女性担当者が対応可能
  • ワンクリック詐欺やアダルトサイト詐欺等にも対応
  • 親切丁寧・即日対応
  • ヤミ金取立て完全ストップ
街角相談所-法律-
公式サイト

このページの先頭へ