保証人にも支払能力がない場合は自己破産できるか

保証人にも支払能力がない場合は自己破産できるか

たとえば、夫が借金をして妻が速带保証人になった場合を考えてみましょう。この場合、夫に支払能力がなければ、速带保証人である妻が借金の支払義務を負います。
したがって、妻も支払能力がない場合は、自己破産する必要があるといえます。

このことは、親が保証人になった場合や友人が保証人になった場合についても同様のことがいえます。

なお、夫婦や親子で自已破産する場合は、破産申立書類は別々に作成しますが、裁判所では、一家族同時に手続きすることになるので裁判所の見解をえやすいし、また、弁護士に依頓する 場合、書類を作成する上でも比較的簡単なので弁護士代用も割安になるでしょう。

 

 


もう、あなたは一人じゃありません!! 助けを求めてください!! ↓↓債務整理を判り易く説明↓↓ 借金問題を解決した90%以上の人は弁護士に依頼している事実! 全て自分ひとりで行うには、大変な労力が必要です。専門家に任せればほとんどのことは確実に解決します。今までもたくさん悩んで来たのですから専門家に任せて少し楽になるのもいいのでは?
私も、ここから始めました。 あなたにも出来るハズです。 まずは一歩踏み出してください。
借金の問題は早めの行動が解決のコツです。無料相談をしてくれる法律事務所もありますのでまずは相談してみることを強くおすすめします。

↓↓24時間無休で電話相談が出来ます↓↓ 家族や会社にばれることもありませんので安心して電話してみてください。きっと解決の糸口が見つかるハズです。
樋口総合法律事務所
0120-316-034
image001
弁護士 樋口卓也
  • 月間500件以上の相談実績
  • 365日24時間 無料相談
  • 初期費用 無料
  • 全国対応
  • 案件数実力大
ベルマン会計法務事務所
0120-840-043
image002
司法書士 飯田一
  • 365日24時間 無料相談
  • 全国対応
  • 女性も安心、女性担当者が対応可能
  • ワンクリック詐欺やアダルトサイト詐欺等にも対応
  • 親切丁寧・即日対応
  • ヤミ金取立て完全ストップ
街角相談所-法律-
公式サイト

このページの先頭へ