破産者になるとこんな不利益がある

破産者になるとこんな不利益がある

破産したら受ける不利益もある

破産宣告があるとまともな生活が送れなくなると思つている人が多いよよですが、破産による不利益は一般的に考えているほど大きいものではありません。
破産者の受ける不利益は以下のよよなものてす。

  1. 財産の管理処分権の喪失
  2. 破産者の受ける拘束
  3. 説明義務・・・破産者は、破産管財人や債権者集会の請求によリ破産に関して必要な説明をしなければなりません。
  4. 居住の制限・・・破産者は裁判所の詐可がなければ、居住地を離れて移住または長期の旅行をすることはできません。
  5. 引致・監守・・・破産者は、裁判所が必要と認める場合には身体を拘束されることがあリ、逃走または財産を隠したり壊したリするおそれがあるときは監守を命じられることがあリ
  6. 通信の秘密の制限・・・破産者にあてた郵便物などは破産管財人に配達され、破産管財人は受け取った郵便物などを開披できます。
    ※同時廃止決定がなされた場合には、以上の1~6の自由の制限はあリません。
  7. 公法上の資格制限・・・破産者は弁護士・公認会計士・公証人・司法書士・税理士・弁理士・宅地建物取引業務などになれません。選挙権、被選挙権などの公民権は喪失しません。
  8. 私法上の資格制限・・・破産者は、後見人、後見監督人、保佐人、遺言執行者などになることができません。また、合名会社および合資会会社の社員は退社事由となり、株式会社の取締役、監査役については退任事由となります。
  9. 官報に掲載・・・官報に破産者が掲載されますが、これらを細かく読んでいる人は極めて少なく、破産者の名前が書かれていることすら知らない人が圧倒的に多いので、破産したことが回りの人に知られることは、それほど心配する必要はないでしよう。

同時廃止の場合は前記の全部が適用になるのではない

同時廃止決定がなされた場合、前記1~6についての制約はありません。
ただし、7、8の公法上の資格制限、私法上の資格制限はあリます。
9の官報にも掲載されます。

また、この公法上の資格制限、私法上の資格制限も免资の確定により復権するとなくなリます。

破産者のうける不利益は一般的に考えているほど大きいものではないのです。

 

 


もう、あなたは一人じゃありません!! 助けを求めてください!! ↓↓債務整理を判り易く説明↓↓ 借金問題を解決した90%以上の人は弁護士に依頼している事実! 全て自分ひとりで行うには、大変な労力が必要です。専門家に任せればほとんどのことは確実に解決します。今までもたくさん悩んで来たのですから専門家に任せて少し楽になるのもいいのでは?
私も、ここから始めました。 あなたにも出来るハズです。 まずは一歩踏み出してください。
借金の問題は早めの行動が解決のコツです。無料相談をしてくれる法律事務所もありますのでまずは相談してみることを強くおすすめします。

↓↓24時間無休で電話相談が出来ます↓↓ 家族や会社にばれることもありませんので安心して電話してみてください。きっと解決の糸口が見つかるハズです。
樋口総合法律事務所
0120-316-034
image001
弁護士 樋口卓也
  • 月間500件以上の相談実績
  • 365日24時間 無料相談
  • 初期費用 無料
  • 全国対応
  • 案件数実力大
ベルマン会計法務事務所
0120-840-043
image002
司法書士 飯田一
  • 365日24時間 無料相談
  • 全国対応
  • 女性も安心、女性担当者が対応可能
  • ワンクリック詐欺やアダルトサイト詐欺等にも対応
  • 親切丁寧・即日対応
  • ヤミ金取立て完全ストップ
街角相談所-法律-
公式サイト

このページの先頭へ