自己破産することを決心したらやること

自己破産することを決心したら…

 

自己破産手続きも簡単じゃない

自己破産をすると決心しても、まず、どうすればょいのか皆目見当がつかないというのがほとんどの人でしょう。

そんな人は、まず、弁述士等の専門家に相談してみることです。

弁護士 に相談するには高額のお金がかかると心配する人もいるかもしれませんが、市区町村役場など の無料相談所を利用するのも手です。

また、 各弁護士会は法律相談所を設けていて、有料で法律相談に応じています。

また、破産申立などの書き方、手続きがわからないとい う場合には、裁判所の窓口で聞くのもよいでしょう。

 

弁護士に頼むかどうか

自己破産の手続きは本人でするのもよいでしょう。

とくに、 同時廃止の埸合は本人でもでき ると思います。

ただし、弁護士に賴めば、時間もとられませんし、手続きも素人がやるよリ迅速・確実に進めてくれます。

また、何かあったときの傾もしい相談相手ともなってくれます。

弁護士に領む場合の費用は破産申し立てから免責まで約40万~60万程度の費用が必耍になリます。

 

 

自分で手続きをすると決心したら

めぼしい財産がない同時廃止の場合、破産申立てから免責確定で、約10ヶ月程度かかります。

財産があり破産管理人が選出されるケースでは、はやくて1年ぐらいはかかることを覚悟しておいてください。

いずれにしろ、免責までには長い日時を要します。

この間、債権者だどう出てくるか、裁判所に提出する資料はどう集めるべきかなど、苦労することも多々あります。

1つ1つ丹念に、スケジュールをたててやっていくしかありません。

裁判所に出頭することになっているのに「嫌になった」「うっかりしていた」などの理由で、行かなかったなどということは絶対に避けてください。

 

自己破産制度の利用について

自己破産で債務者にしてみれば多大の損害を被ります。「借りたものは返すのがあたりまえだ」という根強い意思もあり、破産法の免責の制度については改正の動きもあります。

自己破産制度の趣旨は、経済的んい立ち直りが不可能な人に、債務を免責することにより立ち直りの機会を与えようというものです。

くれぐれもこの自己破産制度を悪用することは避けてください。

また、自己破産で不利益がないとはいえません。ブラックリストにのって、以後の借入は数年間にわたりできなくなります。

友人が保証人になっていた場合などはその友人をなくすこにもなりかねません。

自己破産は最後の手段としてお考えください。

 

 

 

 


もう、あなたは一人じゃありません!! 助けを求めてください!! ↓↓債務整理を判り易く説明↓↓ 借金問題を解決した90%以上の人は弁護士に依頼している事実! 全て自分ひとりで行うには、大変な労力が必要です。専門家に任せればほとんどのことは確実に解決します。今までもたくさん悩んで来たのですから専門家に任せて少し楽になるのもいいのでは?
私も、ここから始めました。 あなたにも出来るハズです。 まずは一歩踏み出してください。
借金の問題は早めの行動が解決のコツです。無料相談をしてくれる法律事務所もありますのでまずは相談してみることを強くおすすめします。

↓↓24時間無休で電話相談が出来ます↓↓ 家族や会社にばれることもありませんので安心して電話してみてください。きっと解決の糸口が見つかるハズです。
樋口総合法律事務所
0120-316-034
image001
弁護士 樋口卓也
  • 月間500件以上の相談実績
  • 365日24時間 無料相談
  • 初期費用 無料
  • 全国対応
  • 案件数実力大
ベルマン会計法務事務所
0120-840-043
image002
司法書士 飯田一
  • 365日24時間 無料相談
  • 全国対応
  • 女性も安心、女性担当者が対応可能
  • ワンクリック詐欺やアダルトサイト詐欺等にも対応
  • 親切丁寧・即日対応
  • ヤミ金取立て完全ストップ
街角相談所-法律-
公式サイト

このページの先頭へ