家出・失踪・人探しは緊急事態!

最近毎日のように埼玉県朝霞市の未成年者誘拐犯寺内容疑者の逮捕がニュースで騒がれていますが、二年間という長い間女子中学生はどんな思いで生きていたのでしょうか、、想像するだけでも悲しく悔しい事件だと思います。子供を捜す親の気持ちもどれだけ辛く悲しい事だったかと思います、、本当に無事に見つかってよかったと思います。
しかし、今だに失踪したまま行方不明の人たちがまだたくさんいるのが現実です。

家族や大切な人が帰ってこない!
家出なのか失踪なのか誘拐等の事件に巻き込まれたのか?!
今、あの人はどこにいるのか、、一日も早く帰ってきて欲しい。

もし、あなたの家族や大切な人がある日忽然と居なくなってしまったら、、。
そんな家出・失踪が年間に10万人以上もいるのを知っていますか?会社の倒産、借金、ストーカー被害等の誘拐、犯罪に巻き込まれるケースも少なくはありません。失踪後に自殺などの深刻な事態になるケースも近年多発しています。

家出・失踪人の年間数は10万人
内成人の占める割合が約75%、 内男性の失踪が約65%、1日300人以上の人が家出・失踪をしているのが現状です。

家出・失踪人の約半数の人は金銭、経済的な問題と健康上の問題の人で占められており、残りの半数は勤務先の問題、家庭内の問題、不倫等の男女関係、子供達の学校問題等などが挙げられます。

家出・失踪の目的

家出・失踪には大きく分けると下記の様なパターンがあります。

1.家庭内での問題・トラブル
  • 親子、夫婦、兄弟との不仲などが原因。
  • 生活環境の違い。
  • 義理の親や義理の子供問題。
  • 介護の心身の疲れやストレス。
  • 子供の育児、教育問題。
  • 結婚を反対された故のかけおち等。
2.勤務先・仕事上での問題・トラブル
  • 会社倒産
  • 多額な借金
  • 同僚や上司との人間関係
  • 仕事上での成績の伸び悩み
  • 勤務先、取引先での恋愛関係
  • 使い込み
  • 勤労意欲の欠如など
3.愛人など人間関係によるもの

上記の内、危険が伴い注意して対応しなくてはいけないのが2番のケースといえるでしょう。
会社倒産、借金、使い込み等、金銭トラブル等で家出、失踪、夜逃げをする場合には、自分の人生を悲観(うつ状態になる場合もある)して自殺に発展してしまう事が少なくありません。
全国での自殺者の数は年間約3万人といわれています。その自殺者の多くは自宅以外で命を落とす事が多く、計画的失踪、突発的な失踪を問わず、家族の方は早急に警察へ「家出人捜索願」を出すとともに、家出人捜索の依頼を一刻も早く探偵社に依頼する事が望ましいでしょう。

しかし警察では、誘拐や犯罪、事故などの場合は「特異家出人」として未成年者や高齢者に限り捜査は行うものの、成人が自分の意思で家出・失踪した場合は家庭内や金銭的なトラブル等の原因に関係なく、警察は原則的に民事には不介入のため、捜査は行わないのが現状です。

もしも偶然にも捜索願の出されている人が、交通違反で捕まったり、職務質問をされたりしても、警察としては「家出人の捜索願が出ています」と本人に告げるだけで、自殺の恐れや犯罪・事件に関わっていない限り、警察がその場にて確保する事はありません。

もし家族や大切な人が失踪の疑いがある場合は、足取りや手がかりの情報が薄れる前に、一刻も早く探偵社に相談しましょう。
他でもない失踪人捜索は探偵の仕事なのです。

探偵さがしのタントくん

【特徴】
相談者のお悩みに応じて、独自の審査を通過した探偵社の中から
最もお悩み解決に最適な探偵社をご紹介!
直接探偵社に相談するのに心理的なハードルを感じる方も、
女性相談員を中心に万全の体制で、やさしくフォロー!
たった2分の簡単入力!!

  • あんしんの探偵選び
  • 匿名OK!何度でも相談無料
総合探偵社TS

【特徴】
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能です!
また、夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス。警察OBも在籍、調査力にも定評があります。

  • 24時間365日 無料相談/見積受付
  • 北海道~沖縄まで全国対応
  • 安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
  • 法律専門家の起用
ISM調査事務所

【特徴】
他社では断られた案件を再調査することも出来るほど、高い技術的レベルです。
調停や裁判に対するアドバイスや機関の紹介、夫婦関係修復カウンセラーが、
具体的な夫婦関係の修復方法や浮気相手との絶縁方法のアドバイスなど、アフターフォローも充実。

  • 全国を網羅する強固なネットワーク
  • ご相談は24時間、何度でも無料です。
  • 現場で経験を積んだ調査員
  • 明瞭会計

このページの先頭へ